FC2ブログ

路上記Ⅱ・41「なぜ、あの人は頂点に上りつめたのか。映画『焼肉ドラゴン』で描かれる、ある家族の物語」

 「焼肉ドラゴン」という映画(DVD)を観ました。昨年12月にDVD化されたものです(天野は映画はDVD化されてから観ることが多いので、情報としては全く新しくありません。すみません)。今回はこの映画に出演している大泉洋さんが好きで何となく面白そうだなと思って手にとりました。
 
 「焼肉ドラゴン」は鄭義信さんの原作・脚本・監督です。演劇で公開されてきた作品で第8回朝日舞台芸術賞グランプリなど数多くの演劇賞を受賞しています。
 
  映画は1970年代に日本で生活してきた在日韓国人の家族の生きざまを描いています。役所から国有地だと立ち退きを強制される土地で、焼き肉屋を営む主人の龍吉(キム・サンホ)は戦争で左腕をなくし故郷もなくしましたが、日本に来て腕一本で焼き肉屋を経営しながら家族を養います。

いじめによる息子の自殺など家族の問題も多いなかで、強制退去命令を受けながらも、「昨日がどんなでも、明日はきっとよくなる」を口癖に力強く生きていく姿を描いています。
 
 天野はこの映画に出演している龍吉の妻である英順(イ・ジョンウン)を見ながら、自分が幼い頃、ソウルに住んでいた頃に、家の家政婦さんで来ていたおばさんを思い出しました。全く、表情が瓜二つでそっくりなのです。
 
 当時の韓国はさまざまに激動の中にありました。38度線を境に国境線が北と南に分断された国では、韓国内で大統領暗殺未遂事件(大統領夫人暗殺のちに大統領も暗殺)や、日本での大統領拉致事件など当時は今以上に韓国と北朝鮮、そして日本が緊張関係にあったのです。

戒厳令下で暮らしていましたが、戦争経験のない平和な時代に生まれた天野が初めて国家間の戦争を意識したのもこの頃です。
 
 人間関係や生活面など何かと慣れない異国で暮らす幼い天野は戸惑うことも多かったのですが、とにかく、おばさんの貧しいながらも、元気に生きる姿に何度も励まされたことを覚えています。映画の中の英順そのものでした。
 
 日本には「焼肉ドラゴン」の家族のように、同じような環境で何度も人生の荒波の中で屈しそうになりながらも、生き抜いてきた人たちが大勢います。実業界でトップになったり、芸能界やスポーツ界でも活躍する人も多いですね。
 
 映画の中で龍吉は「日本で生きることは闘いなんだ」といいます。戦争で片腕を失っても、故郷を失っても、日本に来てからも息子が自殺し、家の退去を迫られ続け、家を失っても決して挫けることはなく、厳しい現実に真剣に向き合い、家族を育て自立させました。
 
 最近は中国やフィリピン、ベトナムなどから来日して日本で働く人が増えています。そのような人たちから話を聞く機会も多いですが、日本は地震などの災害や原発などの二次被害がなければ、他の国と比較して平和で経済的にも恵まれた国だと再認識します。(二極化の影響からか、想像を絶する殺人事件も増えていますが)
 
 映画「焼肉ドラゴン」の家族もそうですが、日本で成功している同じようなルーツや環境で育った人々を見ていると、どんなに厳しく辛い状況になっても、負けないという闘志が、苦境から這い上がる力を呼ぶのだと感じます。
焼肉1

路上記Ι・45「身体の健康は、うつ病の原因になる自立神経を整えることから始まる。忙しい毎日の中でビジネスパーソンが健康を維持する方法」

 1月に入り急に寒さが厳しくなってきました。朝、晩は東京でも氷点下に近い気温になる日も多いですね。インフルエンザも流行ってきているようです。
 
 平日の天野の仕事は、ビルの中では身体を動かし、外に出て寒さにさらされるということの繰り返しです。温度差の激しい中では服装にも気を付けなければいけませんが、ここで体調を崩すか崩さないかは、基礎体力があるかないかに関わってきます。
 
 以前にも書きましたが、風邪一つひいても大幅に仕事の効率は悪くなってしまいます。もっとも歩けなくなったり、手を動かせなくなっては仕事はできませんから、足腰の怪我にも十分に気を付けなければいけません。
 
 その点では手首や足のサポーターや腰ベルトも欠かせないグッズになりました。仕事では直接的に外科治療に関わる怪我の方が発生する可能性が強いのですが、それだけに内科治療での病気は十分に、自分自身の工夫で注意しなければならないのです。
 
 ヒトは生きる以上というか生まれた瞬間からいつ、どんな病気が自分に発生するか分からない存在でもあります。体内では数多くの細胞同士が常に健康を維持するために闘っています。
 
 病気にはさまざまな種類がありますが、一般的には高齢化してから発生すると思われる認知症も、40代で発生してしまうケースもあります。身体的には健康を維持していても、多忙さなどからいつのまにか精神のバランスを崩してしまう、うつ病なども最近は増えています。IT関連の仕事についている人などでも、この病気は多いですね。まさに現代病といえるでしょう。
 
 うつ病は自律神経が乱れてくることから発生につながりますが、「忙しいビジネスパーソンのための 自律神経整え方BOOK」(原田賢著、ディスカバー・トゥエンティワン)は、忙しい毎日の中で、心と身体の不調を解消する方法をイラストを入れて分かりやすく紹介している本です。
 
 自律神経専門整体師の原田賢さんが書いたもので、専門整体師による著書は日本で初めてです。姿勢の習慣、運動の習慣、食事の習慣、睡眠の習慣、考え方の習慣の5つに分け、それぞれで役立つストレッチや生活改善のメソッドを紹介しています。
 
 まず、自律神経が乱れてくると、いくつかのサインが身体に出ます。
 めまいや耳鳴りも兆候の一つです。自律神経が乱れると常に交感神経優位の状態が続き、肩や首の筋肉が固くなるだけでなく、頭蓋骨を包む筋肉も硬くなり脳脊髄液の流れが悪くなることで耳鳴りなどの状態を起こします。冒頭で述べた気候の変化などでも自律神経が乱れ、脳脊髄液の流れが悪化します。
 
 現在、電車の中でスマホや携帯電話を見る人は多いですが、首を下に曲げて画面を見続ける姿勢もよくありません。首の筋肉が固くなり、脳脊髄液の流れが悪化するのです。パソコンで仕事をする人は、猫背にならないように、歯を食いしばらないように注意しなければいけません。呼吸も浅くなりがちなので、まず、肺の中の空気を吐き続ける腹式呼吸し自律神経を整えるのが重要です。
 
 やはり、同じ姿勢でなく常にストレッチで身体の凝りをほぐすことが必要で、オフィスや寝る前にできる簡単なものも紹介されています。そして、健康は食べる物から始まるといわれるほど、毎日の食生活も大事です。
 
 塩分過多や甘い物の取り過ぎは悪く、水を毎日に2リットル摂取することや、甘い物が食べたい時には、バナナやさつまいもが良いことが紹介されています。

自律神経2

小説「海に沈む空のように」第45回(最終回)・夕陽は海に沈み、昇る太陽は海に眠る魂を引き上げる

前回までのあらすじ
 志賀昭雄は久しぶりに妻の時子と娘の陽花と一緒に福井で再会し食事をする。久しぶりに会ったとはいえ、三人が入ったのは駅前のそば屋だった。昭雄は時子にイタリアに行こうと旅行計画を話しだす。昭雄はまさか自分が福井に転勤になるとは考えていなかった。時子と結婚してからは、いつか妻と娘をイタリアに連れていきたいと考えていたのだ。しかし、その夢は突然の事件で消え、このまま夫婦仲も家族仲も終わるのではないかとさえ思ったこともあったのだ。そんな心境の中での再会に、昭雄の気持ちは昂ぶった。
 

 年が明けた一月中旬の夕方、昭雄は東尋坊に立っていた。福井は新年が過ぎたあたりから、雪がぱらつく日が多くなった。日曜日のこの日は雪も小休止の日だった。なぜか、冬の東尋坊を見たいと思ったのだ。

 確かに寒いが気持ちのいい風が昭雄の頬を打つ。やがて、一人の女性が近くを歩いていることに気づいた。新年とあってあたりには散策している人は少ない。ましてや夕方に入り寒さは一段と増している。

 目の前の女性は一人でどこか寂しげだった。どこか透明で希薄な感じがする。昭雄は思わず声をかけた。
「旅行ですか。どこからいらっしゃいましたか」
「ええ・・・・・」
 女性は昭雄から声をかけられ、曖昧に答えた。

「寒くないですか」
 昭雄は続けた。
「・・・・少し・・・」
 女性は遠くを眺めた。
「寒いけど、やっぱりいい所ですね。ここ」
 昭雄が言う。

「ええ・・・・・そうですね」
「でも、寒いから。長くいると風邪ひきますよ。ここは夏に来るのがいい・・・・。自分はなぜか来たいって気持ちになったんですけど。東京から来ましたが。やはり、寒い。寒すぎる」

「寒いですね。本当に」
「この近くにお泊りですか」
「ええ、すぐ近くの旅館に泊まりました」
「この時期の宿はお客で一杯だったでしょう。年末年始は混むって聞きましたから」

「結構、賑わっていましたよ。昨日は上の部屋が宴会みたいで、あまりうるさくて眠れなかったです」
 女性は少し笑った。
「今年は大雪かな。福井の冬は初めてなんですよ」

「そうですか。私も福井の冬は経験したことないから」
 昭雄は女性が標準語に近い発音をすることに気が付いた。
「東京からですか」
「さあ・・・・・」
 女性は言葉を濁した。

「とにかく、冬は寒いから。夏がいいですよ。今日は旅館でカニやあったかい鍋でも食べて」
 昭雄の励ましに女性は笑みをこぼした。
 昭雄は岬の先端に立つと、手にしていた数本の水仙と小袋に入った白い骨破を海に投げた。
 水仙と骨破は海に落ち、そのまま波に呑み込まれた。
 
 夕陽が東尋坊の海に沈んでいく。空は海に沈むのだ。太陽は海に沈み、海の底に眠る多くの魂を天上に引き上げながら昇る。 夕陽が昭雄の目に映った。 この深い青の海が見られる、この地で、何の気兼ねもなく唄を歌える仲間がいるこの街で、ずっと生きていこうと思った。 (了)                                                                          


 「海に沈む空のように」は今回で終了します。
 長い間、ご愛読いただきありがとうございました。近々、電子書籍として発行する予定です。
 なお、ブログ小説は2月から、それまでの仕事用のスーツを脱ぎ普段着で路上を歩き始めた主人公・片山二郎が、今までとは違う仕事で、今まで出会った人とは少し生き方の違う人々との交流を描いた「闇が滲む朝に」の連載をスタートします。 ご期待ください。
海花最終回1

路上記44「突然のウイルス攻撃アラームにドキッ!あるパソコン遠隔操作事件を考える」

 新年早々によくない話で恐縮ですが、正月にPC(パソコン)のネットで動画を見ていた最中に突然、ピーという音が鳴りだし、「マルウエア、フィッシングが攻撃しています。ただちに検証しウイルスソフトを更新してください」というようなアラート表示が出ました(一応、動画は変なものではありません。念のため、翌日に再度、同じ動画を閲覧しました)

 天野は驚き閲覧していた動画を閉じ、更新すべきウイルス対策ソフトがあれば更新しようとしました。振り返れば、ブログを始めようと考え、有名ブログを閲覧していた時に旧パスワードを乗っ取られたのも数年前の正月でした。今回は緊急のウイルス攻撃が表示される30分ほど前に、某有名SNSに登録したばかりだったのです。

 某有名SNSは世界中でサイバー攻撃が集中して個人情報流出が止まらない企業ですので、数年前に登録し解除してから、再登録を躊躇していました。しかし、数人の知り合いが登録していることから必要に迫られたのです。偶然かも知れませんが、ここに登録してすぐに、冒頭のアクシデントが発生しました。ですから、すぐに登録を解除しました。

 皆さんにもこんなトラブルは多いのでしょうか。多いということであれば特筆すべきことではないのかも知れませんが、ブロガーでもある天野はどうしても気になってしまいます。

 今回はウイルス対策ソフトが稼働し、悪性のウイルス攻撃を静止してくれたことが功を奏しました。数年前からESETセキュリティソフトを導入していますが。改めてウイルス対策ソフトの重要性を認識しました。

 そういえば、昨年12月には世界中で展開するホテルチェーンのマリオット・インターナショナルに登録されている5億人の顧客個人情報が流出、米国は中国のサイバー攻撃が原因だと発表しました。日本でも展開しているホテルです。

 世界中で発生しているサイバー攻撃は現在、国家間の戦争に匹敵するほどの脅威です。世界中で、ハッカー同士が攻撃、防御と常にせめぎ合っていることは皆さんもご存知のことと思います。この攻撃がどう企業や個人に影響するか考えただけでも寒気がします。

 便利で良い面が多いPCやスマホなどでのインターネット操作やSNSですが、ヒトが持つ悪の要素に比例するように、これらの空間ではサイバー攻撃やウイルス攻撃など悪い案件も増加する一方です。

 天野は素人とはいえ、ある程度はこのサイバー攻撃は実際にどのように行われるのか、自分の対策は大丈夫なのかを認識し理解していなければ、ネット活用を安全操作しているとはいえないと考えています。AI機能も付加され情報は増える一方ですが、便利になった、便利になったと喜んでばかりもいられないのです。

「パソコンを警察に調べられ、身に覚えないことで逮捕された人々」

 天野は2年前に発売された「PC操作遠隔事件」(光文社)というジャーナリストの神保哲生さんが書いた著作を思い出しました。いつか読もう読もうと考えていた本ですが、今回、実際に自分が被害を受けそうになるまで読んでいなかったのです。(実は買ったままで読まないままにしておく本は多いのです・・・・)

 サイバー攻撃には、コンピューターで提供されているサービスを使用できなくなるDOS攻撃やウエブブサイト改ざん、PC遠隔操作などがあります。PC遠隔操作とは読んで字のごとく、ターゲットのPCにウイルスを感染させて、攻撃者が他人のPCを遠隔操作する手法です。遠隔操作に関しては身近な生活周辺で、部屋のカメラを通して日常生活を他人から盗み見されたりもします。

 「PC操作遠隔事件」では、2012年6月29日に発生した横浜市保土谷区内の小学生徒殺害予告事件を発端に、8月1日に発生したJAL006便爆破予告事件、9月10日に発生した2チャンネルでの秋葉原ドコモショップ襲撃予告事件、翌日に同チャンネルで発生した伊勢神宮放火事件予告事件など、14件のPCとネットを通じて行われた脅迫事件の詳細を緻密に取材しています。いつ、どこで、誰がこの予告をどのような方法で発進し、誰が被害を受け、多数の冤罪被害者が逮捕されたなかで、どう真犯人が逮捕されたかを裁判終了までを追跡し検証しています。

 驚くべきことは、事件発生当初は犯人が全く身に覚えのないパソコンユーザーが行った事件だと警察の捜査員が証明したことでした。つまり、事件発生当時の捜査によるデータ痕跡から犯人は、データ形跡に残ったPCを使用している人物を真犯人と特定してしまったのです。

 このブログの読者の方々は、ある日、突然に自宅に警察が来てパソコンを見せてくださいと言われ、全く自分の身に覚えのないことで刑事から逮捕状を提出され、警察署に拘留されたらどう対処しますか。

 自分がやったことも記憶もない事件について、あなたが犯人です、と警察から突然に言われ逮捕されてしまう・・・・・のです。当初、警察は真犯人が身を隠し、自分とは違うパソコンユーザーをウイルスで遠隔操作し、そのユーザーが爆破予告をしていることに全く気づかなかったのです。

 日本でこれまでにも冤罪事件は発生していますが、このようにPCやインターネットを取り巻く環境でも既に冤罪事件が発生しているのです。それもほんの7年前に発生しました。JAL006便爆破予告事件ではアニメ演出家のYさん(仮名)が逮捕されました。Yさんはこの件で大きな損害を被りました。今回の事件の多さからも分かるように、真犯人が逮捕されるまで、Yさん以外にも3人が冤罪で逮捕されました。

 事件解決につながったのは偶然に9月10日に発生した伊勢神宮爆破予告事件に関して、Yさんが(仮名=JAL事件と同じY)PCの異常な負荷さに気付き、拘留中に自分のPCが他人のウイルスで遠隔操作されたこと主張したことでした。やがて警察の捜査線上にYさんと他3人のPCに同じアイシスというウイルスが残っていることが判明したのです。

 ページボリュームの関係上、真犯人がどう逮捕されるに至ったかは、ここでは明らかにしませんが、警察との攻防が続く中で、真犯人は意外にも自分が某所で映された防犯カメラに気づかなかったために逮捕されるのです。

 話は変わりますがPCだけでなく身近な出来事でも冤罪事件は発生します。「それでもボクはやっていない」という映画にもなりましたが、ある日、電車の中で痴漢の犯人扱いにされ、人生を棒に振ってしまった人もいます。
7年前のPC遠隔操作事件は、我々を取り巻くネット環境が進化し、便利で生きやすくなっているということを証明しているとは決して言えません。

爆破予告3 (2)

小説「海に沈む空のように」第44回・雪舞う初めての福井の冬に・・・

前回までのあらすじ
「愛老ホーム」でのライブは無事に終わった。昭雄はバンド仲間をともにステージを降りると、控え室前で妻の時子と娘の陽花に久しぶりに会った。
 昭雄はまさか、妻と娘が福井の山奥で開催される自分のコンサートに来ているとは夢にも思わなかった。東京でのバンド活動をずっと応援でしてきてくれた家族に、福井に転勤になった自分が、こんな形で再会できたことに感謝した。そして福井で作ったオリジナルの「海華」を妻の時子が気に入ってくれたことが何よりもうれしかったのだ。

「愛老ホーム」での懇親会が終わると昭雄たちは、ホームを出て家族を車に乗せそのまま福井市内の駅前近くのそば屋に入った。久し振りに家族三人が揃った。
「陽花は学校は順調に進んでいるの?」
 昭雄は陽花の顔を正面から見た。

「大丈夫よ。日曜は塾にも行っているし」
「ま、あまり根を詰めないようにね。日曜は休みだからさ。勉強だけが人生じゃないから」
 昭雄の言葉に時子も頷く。
「福井は寒いでしょう。たぶん、東京と比較したら五度は低いよ。風邪ひかないようにね。ふたりとも」

「本当に寒いわね。雪が心配ね。部屋にはまだ行っていないけど。生活用品なんか大丈夫なの?この寒さじゃ、東京にいるつもりだと風邪ひくわよ、ちゃんとしなきゃ」
 時子が言った。
「石油ストーブを買ったから。ヒーターもあるし」
「もう少しいい所に住めばいいんじゃないの。お金がないわけじゃないんだし」
 時子が言う。

「転勤した頃は、正直、これからどうなるか分からなかったからね。だから、あまり家賃も高くない所を選んだんだ。一人で住むだけだし。福井に二人が来るとは思っていなかったよ」
「今日は日帰りだからアパートには行けないけど。今度、陽花のこととかが落ち着いたら部屋に行くわ。来年は勉強も頑張んなきゃいけないし」
「ま、一応はハイツだから。君たちが来ても泊まれる部屋はあるから、少し狭いけど。しかし、よくあんなメールを送ってくれたね」
 昭雄が時折、送られてきた発信者不明の励ましのメールについて聞いた。

「精神世界には以前から関心があったから。いろんな本は読んでいたの。事件があって以降、しばらく辛い時期が続いたから。あなたにも何かできればと思って」
 時子の言葉に昭雄はただ頷いた。
「今度、落ち着いたらイタリアでも行こうよ」
 昭雄が突然に言い出した。

「イタリア?」
 時子が驚いた様子で陽花と顔を見合わせた。
「前から連れて行きたいと思っていたんだ。ヨーロッパは今、いろいろ大変なんだけど。フランスなんかもね。世界中の貧富の格差の拡大で他国から難民がどんどん入ってきているから。ひったくりなんかも多いらしいね。日本人も以前のような感覚で旅行は行かない方がいいと思うけどね。イタリアはまだ、安全らしい。うまいワインとパンなんか食べられるしね」
 昭雄の誘いに以前の陽気な感覚はまだあると時子は思う。

「そうそういえば、ついこの前、刑事さんが来たわ。誰か不審な者が訪ねてこなかったかって」
 時子が話を変えた。
「不審者?」
「そう、最近、何かあったの?」

「何度か連絡したけど。大丈夫そうだったから。詳しい話はしなかったんだ。いいや、たいしたことじゃないよ」
 昭雄は時子の隣で陽花がいることに気づき話を途中で止めた。
「大丈夫ならいいけど」
「こんな世の中だから。身辺には厳重に注意してよ。どこにいても何が起こるかわからない世の中だから」
「そうね。注意しなきゃね」

「陽花も学校の行き帰りは注意しなきゃね」
 昭雄が陽花に言う。
「最近、GPS機能の付いたものを持たせているの」
 時子が陽花を見る。

「そうだね。それがあると、陽花もどこにいるか分かるから」
「あ、そうだ。この前、お母さんに会いに行ったけど、元気そうだったわ」
 時子が思い出したように言った。

「行ってくれたの。大丈夫だったお袋?」
「うん。ま、たまにしか行けないから悪いんだけど」
「時子も仕事が忙しいから。無理しなくていいよ。母さんには面倒みてくれるホームの人たちがいるしね。陽花のこともあるし」
 昭雄は時子が母親の入居している老人ホームに出かけたと聞いて少し驚いた。以前なら一度もそんなことは言ったことがなかったのだ。

「午後四時過ぎの特急で帰るんだよね。そろそろ行かなきゃ。明日も早いし」
 昭雄は腕時計で時間を確かめた。
 午後三時半過ぎ、三人はそば屋を出て商店街を抜け福井駅に着いた。
 昭雄は入場券を買うと二人とともに特急「しらさぎ」の着くホームまで行った。
「もうすぐ『しらさぎ』も走らなくなるらしいよ・・・」
 昭雄がポツリと言う。

「そうなの」
「北陸新幹線の関係で廃線になるようだよ」
 あたりは既に暗い。時子は福井の冬は寂しいと思う。
 やがて、米原方面行きの特急「しらさぎ六三号」がホームに入ってくる。
「気を付けて。また、連絡するから」
 
 昭雄は二人が中に入ったのを見届けると、列車が見えなくなるまでホームに立ち続けた。ホームには雪が舞い始めている。昭雄はダウンジャケットのジッパーを上げ階段を降りると、駅の改札を抜けた。年末らしく日曜の駅構内には多くの人が行き交っていた。
 昭雄が福井駅を出ると、雪のような物が顔に当たるのを感じた。両手を伸ばすと確かに粉雪が舞い落ちてきた。

2しらさぎ (2)

プロフィール

あまのきょういち

Author:あまのきょういち
さまざな職を経たのち、数年前から早朝から夜遅くまで、軽作業の肉体労働をしながら生活しています。毎週に「路上記Ι」と小説「海に沈む空のように」、エッセイ「路上記Ⅱ(たにしの独り言改め)」を連載していきます。「路上記Ι」は主に本の紹介ですが、1日に仕事、移動を含め約14時間動き続けている時に浮かんだことを書いていることから、上記のタイトルとしました。

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
エッセイ部門もランク上位へ。走り続けます。
現代小説、エッセイ、随筆部門で上位にランクイン
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR